テンジクネズミ

南アメリカのアンデス山脈に生息していた原種(パンパステンジクネズミ)が食用として家畜化されたもの。
一見おとなしく見えるモルモットですが、ボディランゲージを通して、さまざまな感情を体で表現したり、いろいろな場面で鳴き声を発したりする等、コミュニケーション豊かな動物です。

当園では約70個体を飼育し、全ての個体に名前がついています。