©photo by Kiyoshi Nakamura

ようこそ、動物福祉を伝える動物園へ

大牟田市動物園は「動物福祉を伝える動物園」というコンセプトのもと、日々動物たちの生活の質の向上に取り組んでいます。

動物福祉とは、動物が精神的にも肉体的にも健康であり、環境と調和していることを意味しています。
当園の動物たちがそうなれるよう、またその動物たちの姿をお客様にご覧いただくことで、動物福祉について一緒に考えていただけたらと思い、日々さまざまな工夫を行っています。

動物福祉の実現に向けた当園の二本柱が環境エンリッチメントハズバンダリートレーニングです。

環境エンリッチメントについて

環境エンリッチメントとは、動物たちが心身ともによりよく生活できるよう環境を豊かにする(=エンリッチメント)ための工夫のことです。野生下で行っている多様な行動をとることができる環境づくりを目指し、展示場内の設備やごはんのあげ方等にさまざまな工夫を施しています。
以下に当園での取り組みの一部をご紹介します。

●レッサーパンダのボルダリング


このボルダリングのホールドは、Amazonほしい物リストを通じて、お客様から頂いたものです。
詳しくはこちらをご覧ください。

●アムールヒョウにヤクシカまるごとプレゼント


この「ヤクシカまるごとプレゼント」は、お客様からの募金によって行われているものです。
詳しくはこちらをご覧ください。

●ツキノワグマとプール

ハズバンダリートレーニングについて

ハズバンダリートレーニングとは、動物の心身の健康管理に必要な行動を動物たちに協力してもらいながら行うトレーニングのことです。
これまで麻酔無しではできなかったり、動物たちの心身にストレスとなっていたことでも、トレーニングを用いることにより、より安全に定期的に実施することが可能となります。
当園では多くの動物の採血、体重測定を定期的に行い、健康状態の把握、疾病予防に努めています。
以下に当園での取り組みの一部をご紹介します。

●エミュー無麻酔採血

●カンガルーの体重測定

●レッサーパンダ胎児超音波検査