これからのイベント

世界サルの日 スペシャルイベント 12/12

12月14日の国際サルの日を記念して、フランソワルトンのスペシャルイベントを実施します。
飼育員によるフランソワルトンのガイドの他、フォトスポットでお写真を撮影できます。
また、フランソワルトンの体のしくみや当園での普段のごはんも大公開!
さらには、フランソワルトンの野生下での保全活動への募金活動も実施します。ご協力を頂いた募金は全額絶滅危惧種霊長類保護センターに寄付致します。
300円以上のご協力をくださいましたお客様には、この日だけのスペシャル缶バッジをプレゼント致します。
是非ご参加ください。

日時:12月12日13:30
場所:サル舎前

ライブ配信!ゾウのくらし 12/16

日時:12月16日(木)日本時間12時、タイ時間10時
場所:YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=JYzHfrBsNZE)
大牟田市動物園にはゾウがいません。
ゾウは群れでくらす動物で、大牟田市動物園には群れのゾウがくらすために十分なスペースがないからです。
ゾウってどんな動物で、どんなところでくらしているのでしょう。
タイの山にくらすゾウの生活を少し覗いてみませんか。
全て日本語逐次訳がつきます。また、ご質問やコメントも日本語でOK!チャットボックスに是非書き込んでくださいね。

協力:Golden Triangle Asian Elephant Foundation
ウェブサイト:https://www.helpingelephants.org/
インスタグラム:https://www.instagram.com/gtaef_thailand/
フェイスブック:https://www.facebook.com/GTAEF.helpingelephants

#ゾウ
#Elephant
#conservation

大型ネコ科動物にイノシシまるごとプレゼント 12/18

本イベントは環境エンリッチメントの一環として行うものです。
全国的にイノシシやシカ等が増えることにより、農作物への被害が深刻化した結果、駆除が行われています。
中でも、福岡県は農作物への被害が全国で最も深刻なところです。
駆除された個体のほとんどは廃棄されてしまいます。
駆除された動物たちの命を少しでも無駄にしないように、このイベントでは大型ネコ科動物にプレゼントをします(対象個体は当日発表します)。

本イベントは、屠体プレゼント募金のご協力により行われるものです。
屠体プレゼント募金については、こちらをご覧くださいませ。
今回のプレゼンターの方に心よりお礼を申し上げますと共に、引き続きみなさまのご協力をお待ち申し上げております。

日時:12月18日(日)11:00

ライブ配信!オホーツクとっかりセンターからのクリスマスプレゼント 12/25

日時:2021年12月25日13:30
場所:YouTube(日が近くなりましてから、こちらに記載致します)

12月25日はクリスマス。今年のクリスマスは、なんと、オホーツクとっかりセンターさんから、ライブ配信でクリスマスプレゼントが届きますよー!
今回のイベントでは、アザラシの保護や野生復帰など、貴重なお話をお伺いできる予定となっております。この機会をお見逃しなく!

「アザラシランド」および「アザラシシーパラダイス」の2つの施設からなるオホーツクとっかりセンターさんは、オホーツクの大自然を舞台に、オホーツク海に生息するアザラシだけを飼育していらっしゃいます。
今回、ライブ配信に参加してくださいますアザラシランドでは、主にアザラシの保護および繁殖をされており、現在は2種、28頭のアザラシを飼育していらっしゃいます。
ライブ配信には、もちろんアザラシたちも登場予定!どうぞお楽しみに!!!

オホーツクとっかりセンターさんの情報はこちらをチェック!
ウェブサイト:https://o-tower.co.jp
インスタグラム:https://www.instagram.com/tokkaricenter_official/

動物かるた 2022/01/02-03

新春恒例!動物かるた!!!
かるた発祥の地、大牟田の動物園が送る新春スペシャルイベント。
是非このイベントに参加をして、新しい年を始めましょう。
参加者のみなさんにはもれなく「新年スペシャル缶バッチ」をプレゼント!!!
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

日時:1月2&3日 日時:1月2&3日 13:30(雨天中止)
定員:各日最大50名
場所:カンガルー舎前

13:15から受付を開始します。
新型コロナウイルス拡散防止のため、受付時に、代表者名、ご連絡先等をお伺い致します。
参加者の方には受付時の検温ならびに、かるた大会ご参加時の手指のアルコール消毒へのご協力をお願い致します。
また、イベント参加時はマスクの着用につきましても、重ねてご協力をお願い致します。
みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

今年は何年?!~寅年スペシャルガイド~ 1/9


2022年の干支は寅。
トラという動物について、その野生下での現状について、また当園で暮らすホワイティのケアについて、担当飼育員がお話します。
みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

日時:1月 9日(日)13:30
場所:トラ舎前

ライブ配信!対州馬とおさんぽ 1/15

日時:1月15日 13:30
場所:YouTube(日付が近くなりましてから、こちらに記載致します)
※雨天中止

対馬にくらす対州馬と一緒におさんぽにでかけませんか。
対馬市役所の吉原知子さんが対州馬のことをいろいろとお話してくださいます。
ぱかぱかという足音と共に、おさんぽをお楽しみくださいませ。

ライブ配信中、ご質問やコメントをして頂けましたら、その場でできる限りお答えをして参ります。チャンネル登録を事前にお済ませの上、チャットボックスに是非書き込んでくださいね。

協力:対馬市役所

大型ネコ科動物にイノシシまるごとプレゼント 1/22

本イベントは環境エンリッチメントの一環として行うものです。
全国的にイノシシやシカ等が増えることにより、農作物への被害が深刻化した結果、駆除が行われています。
中でも、福岡県は農作物への被害が全国で最も深刻なところです。
駆除された個体のほとんどは廃棄されてしまいます。
駆除された動物たちの命を少しでも無駄にしないように、このイベントでは大型ネコ科動物にプレゼントをします(対象個体は当日発表します)。

本イベントは、屠体プレゼント募金のご協力により行われるものです。
屠体プレゼント募金については、こちらをご覧くださいませ。
今回のプレゼンターの方に心よりお礼を申し上げますと共に、引き続きみなさまのご協力をお待ち申し上げております。

日時:1月22日(土)13:30

ライブ配信!中国のユキヒョウとネコ科動物の年齢推定 1/23

日時:1月23日(日)13:30
場所:YouTube(日付が近くなりましてから、こちらに記載致します)

ユキヒョウは体の色が白いものの、アルビノではありません。中央アジアの12ヶ国の高山に生息しています。生息地の60%が中国に位置しており、中国国内ではユキヒョウの研究や保全活動が盛んになりつつあります。しかし、日本ではまだあまり知られていません。
そこで今回のイベントでは、近くて遠い中国でのユキヒョウの保全活動について、お話頂けることになりました。また、斉さんが行っていらしたネコ科動物の年齢推定についても、お話をして頂きます。
なかなか聞くことのできないお話が聞けるこのイベントをどうぞお見逃しなく!

斉惠元(サイケイゲン)さんは、中国のご出身で、日本に留学されて今年で7年目だそうです。京都大学野生動物研究センターの博士課程に在籍し、ご研究をされています。ネコ(科)が大好きで、ネコたちの同居人であり、ネコ(科)の研究をされているという、まさにネコに囲まれた人生を送っていらっしゃいます。

木下こづえ(キノシタコヅエ)さんは、兵庫県のご出身ですが、本籍はなんと大牟田でいらっしゃいます。京都大学野動物研究センターに助教として勤務されています。
いろいろな希少種の繁殖についてご研究をされている他、双子の妹さんとユキヒョウの保全活動もおこなっていらっしゃいます。

参考リンク:
斉さんのネコ科年齢推定論文(どなたでもアクセス可能です)

木下さんのユキヒョウ保全団体(twinstrust)

プレゼンテーションをしていただいた後に、おふたりにいろいろとお伺いするお時間を設ける予定です。ご質問やコメントをチャットボックスに書きこんでくださいませ。

募集中 みんなの一日飼育員体験 1/29

キャンセルが出ましたので、再度募集をしております。
みなさまのご応募をお待ち申し上げております。

日時:1月29日(土)
午前10時15分~午後 3時15分
(お昼1時間休憩 雨天中止)

対象:小学 4年生以上(小学生保護者同伴)

定員:先着10名

持ち物:マスク、汚れても良い服装(長袖、長ズボン)、長靴、帽子、
軍手、タオル、虫よけスプレー(必要に応じて)、昼食

申込方法:お電話でお申込みください
0944-56-4526

募集終了 オンライン教育プログラム ゆたかさってどんなこと?


<このプログラムへの募集は終了しています>

この度、オンライン教育プログラムを開始することになりました。

<プログラム概略>
目標:当園では動物たちの生活の質を向上させるためにさまざまな取り組みを行っております。本プログラムは、ゆたかさとはどんなことなのかを一緒に考えていくことを目標として実施致します。
どんな学び合いをするのか:このイベントは一方的に話を聞くというものではありません。参加者のみなさんが主役となり、考え合い、意見を出し合って、話し合いをすすめていく形式で実施致します。自発的な発言ができる方のご参加をお待ちしております。
参加対象:小学校4-6年生、中学生
定員:6名
参加方法:Zoom
参加費:無料
参加条件:PCからZoomへの接続ができること、カメラ、マイクを使用し、画像や音声でのコミュニケーションが可能なこと、オンラインでの画面共有が可能なこと、ワークシートの印刷が可能なこと

<スケジュール>
(時間は全日午後 1時から 1時間。延長の可能性があります)
1. 第 1回 2021年 11月28日「ゆたかさってなんだろう?」
2. 第 2回 2021年12月 5日「動物園での取り組みを見てみよう」
※第 2回までの間にお近くの動物園にお出かけください。
3. 第 3回 2022年 1月16日「どんな工夫ができるか考えよう」
4. 第 4回 2022年2月 6日「どんなことができるか選ぼう」
5. 最終回 2022年 3月13日「結果を見てみよう」

<お願い>
●このイベントは、5回連続のイベントです。全ての日程への出席を前提としてお申し込みをお願い致します。
●このイベントは、環境教育活動の一環として実施し、教育コーディネーター(近畿大学非常勤講師・動物教材研究所pocket 松本朱実氏)が参加致します。研究倫理規定を遵守し、子どもさんの個人情報の扱いなど配慮いたします。予めご了承ください。
●このイベントは、動物園によって録画されます。また、録画した内容の一部を文書化し、公表する可能性があります。予めご了承ください。録画ファイルは厳重に取り扱いをすると共に、個人が特定できないよう十分な配慮を致します。
●このイベントにはPCからのご参加をお願い致します(イベント中に、YouTube等のウェブサイトを見て頂くことがあります)。
●参加者による録画やスクリーンショット等の撮影は、お控えくださいますようお願い致します。

お申込みはこちらからお願い致します。
みなさまのご応募をお待ち申し上げております。